剪定に関する事なら【剪定navi】にお任せ下さい!

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料
  • 選ばれる理由
  • 剪定naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • 良くある質問
  • お客様の声

方法の種類

間引き、切り戻し

剪定方法というのは、色々と種類があるみたいです。
業者さんもその庭木にあったほうほうを選んで作業を行なってくれますので、安心してお願いすることができます。
ではいったいどのような方法があるのでしょうか??

間引きという方法は、その庭木の日当たりや風通しを考えて、改善する方法らしく、わたしのお家の庭も業者さんの間引きによってかなり見通しのよいすばらしい景観へと変貌をとげました。これは一人でやっても絶対にたどり着けないなとおもいました。
そして、切り戻しという方法は、その枝の外側の芽を、約3センチ上のほうで切ってあげるというもの。

またその他にも、花が咲く木であったり、実のなる木であったりと、色々な種類の樹木によって、剪定方法というのは変わっていくらしいですね。

時期

剪定には時期というものが非常に重要になってくるらしいのです。
これは業者さんにお願いするタイミングということになるのですが、タイミングというのはその樹木によっても違います。
しっかりとあなたのお家のお庭にある庭木の種類をみて、業者さんに依頼するタイミングを図るといいと思います。

例えば、花の咲く庭木という樹木の剪定を依頼する時期というのは、その花が咲いて、落下したときくらいの時期にお電話するのがいいのです。
それから、実がなる木の種類というのは、花と同様、その実がポトっと落ちた時くらいが剪定のタイミングということがいえます。

落葉樹という種類の樹木が庭にあるばあいは、葉がハラハラと落ちた時くらい、そして冬になって寒くなった時期というのが、一番良い剪定時期になるのですね。
このように、いろいろな種類によって、業者さんにお願いするタイミングが変わってきます。

剪定に関する事なら【剪定navi】にご相談!

スタッフ待機中!