剪定に関する事なら【剪定navi】にお任せ下さい!

会社概要

電話受付 24時間365日 ご相談無料
  • 選ばれる理由
  • 剪定naviご利用の流れ
  • 安心の取引実績
  • 良くある質問
  • お客様の声

タイミング

必要な枝

剪定というものは、タイミングが非常に重要です。
業者さんにも教えてもらったのですが、素人がなにもわからずに枝を切ったりすると、余計に変な方向に伸びたり木が傷んだりするので、なによりもその木が本当に剪定が必要なのかという見極めをする必要があるのですね。

では、剪定が必要な枝って、いったいどのようなものがあるのでしょうか?? 次の項では、剪定が必要な枝って、こんな枝であったり、こういった状態であるという基本的なところを書いて行きたいと思います。

枝の種類

剪定が必要な枝の、一つ目はどのような枝なのでしょうか??
まずは立ち枝というもの。この立ち枝というものは、普通であれば、横に広がる枝が、なぜか上にまっすぐ伸びて立ってしまっている状態の枝のことです。これは樹木に影響をあたえてしまう結果になります。

続いてはからみ枝。
このからみ枝というものは、その名のとおり枝がからみあってすごく見ていても可哀想な状態の枝のことです。

それから、逆さ枝も剪定が必要となります。
この逆さ枝というのは、通常は上を向いている枝が、幹のほうに向かって伸びている枝のことをいいます。

並行枝というものも存在します。
これは、複数の枝が同じところに並行に伸びている状態の枝のことを指し、どちらにせよ剪定が必要となります。

この上記のほかにも、もっとたくさんの悪い状態の枝というのがありまして、それを判断できるのはやっぱり業者さんしかいません。しっかりと自分で判断するのではなく、業者さんにおねがいしましょうね。

剪定に関する事なら【剪定navi】にご相談!

スタッフ待機中!