剪定の事なら【剪定navi】にお任せ下さい!

無料相談・無料お見積りはコチラ。専門のスタッフが対応いたします。

剪定の基礎知識

庭を美しい状態で保つ方法

お庭は住む人や見る人に季節を感じさせることにより、癒しを与えてくれる貴重な存在です。剪定をせずに放置したお庭は庭の美観を損ねるだけでなく、害虫や害獣の住処になりかねません。お庭を美しい状態で保つには、樹木や植物によって季節毎の剪定や管理が必要です。苗木が必要な高さに達していない場合の剪定はあまりお勧めしませんが、少し整えるぐらいなら問題はありません。 生垣や樹木は、暑い夏に剪定を行うと水分の蒸発や葉が直射日光により焼けることがありますし、常緑木の冬の剪定は、乾燥や冷気により弱ってしまいますので、お庭の剪定をお考えの場合は当社の専門スタッフまでご相談ください。

害虫対策

増えすぎた枝や太くなりすぎた枝を剪定をしたり、枯れた枝を除去することによって、風の通りがよくなり、木を病気や害虫被害から守ることができます。剪定以外にも、定期的な点検を行うことで虫の繁殖を未然に防ぎましょう。

木による被害

木は根元で伐採しても、すぐにすごい勢いで新芽から成長してきます。完全に根ごと取りきれることができればいいのですが、作業場所が狭かったり、水道管などを傷める可能性があることから一般の方ではなかなか難しい作業となります。シロアリの発生を防ぐためにも、専門スタッフによる除去をお勧めします。

早期に伐採が必要な場合

枯れている、腐っている樹木は早期の伐採が必要となります。 枝が折れたり傷ついた場合には、傷口が腐敗菌が定着しやすくなり、その部分から枯れて腐ればシロアリが侵入してきます。健全な生木には、シロアリは侵入しませんので、ご自宅を守るためにも、木の健康のためにも定期的に点検を行いましょう。

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-170-307

剪定の事でお困りなら剪定navi!無料相談・無料お見積もり・ご依頼はお気軽にお電話ください。

剪定の事でお困りの方へ

全国の剪定に関するご相談はコチラ
  • 剪定naviご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 剪定の基礎知識
情報漏洩対策処理対応万全
剪定naviの4つの強み

対応エリア

対応エリア

選ばれる4つの理由

選ばれる4つの理由0120-170-307

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-170-307

剪定naviご利用の流れ

流れ フリーダイヤル0120-170-307

剪定naviの取引実績

弊社の取引実績について
無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-170-307

お客様の声

2012年4月から6月までの期間にサービスをご利用頂いたお客様から、アンケートをいただきました。ご利用後、アンケートに応えて頂いた方には無条件で500円のQUOカードおつけしております。

東京都40代男性 4/3
自宅の庭に植えてあるみかんの木の剪定をお願いすることにしました。以前自分で剪定を行った時は、失敗してしまったみたいでみかんの実が再び実るのに数年かかってしまいました。大きくなりすぎてどこから手をつけていいのかわからなかったので、とりあえず枝全体を切ってしまったのが間違いだったようです。

大きくなりすぎた木は、農薬の散布や収穫の時に脚立を使わなければいけないし、葉が多いので収穫にも手間がかかりとても大変でした。今回剪定をお願いして知ったのですが、立ち枝の処理の切るべき下枝と残すべき下枝の判断は、本業のみかん農家さんでも難しいようです。剪定枝の判断や剪定時期については御社にお任せすることにしましたので、毎年同じようにみかんを楽しむことができそうで嬉しいです。
東京都30代女性 4/19
自宅の庭の木や植物が成長して、ジャングルのようになってしまったので、自分で剪定を含めた庭造りを行うことにしました。風通しや庭の見晴らし、自宅に日陰ができないようにバランスよく剪定したつもりでいましたが、どうも切りすぎたようで家族に不評です。毎回剪定しだすと抑えていても切りすぎてしまいますし、枯れかけの木も一部が生きているために伐採する勇気もありません。

伐採を先送りにしているうちに、木自体の寿命がつきるし、木の根を自分で掘り起こすには大変な労力が必要となるので、どうしたものかと悩んでいました。そこで、庭造りのアドバイスも併せて相談し用と思い、剪定を依頼することにしました。太く成長させることができずに悩んでいた木についても、植え替えを提案してもらえたことで解決しました。
大阪府60代男性 5/8 
以前自分で庭の木の剪定を行ったのですが、木の枝の切り口から枝枯れの症状が頻発してしまいました。被害を食い止めるために、黒くなった部分を切り落とすなどの対策をしてみたのですが、手当てが遅かったのかあっさり枯れてしまいました。素人判断ですが更なる被害を食い止めるために、太い幹を切る必要があると思ったのですが、枝枯れ病が本当に止まるのかわからず不安に思い、剪定のプロに頼ることにしました。

実は本格的な剪定が必要だったのは4年目からだったそうで、必要がないのに剪定を行った上に、病気にして枯らせてしまいました。基本的な水のやり方から自分で出来る範囲のことは教えてもらえましたので、判断に困った場合はまたお願いしようと思います。
東京都50代女性 5/16
庭にバラ園を作るのが長年の夢でコツコツとバラ園を作っておりました。そろそろ強剪定を行う必要があると思うのですが、剪定した後は切り口から病原菌が入りやすく、長年バラを育てている方でも苦労しているのをインターネットのブログで見ていたので、自分で行うか専門の業者に依頼した方がいいのかを悩んでいました。

根も幹も同時にカットすることは当然リスクが高くなりますし、気に入っている品種ですのでやはり剪定の専門の業者にお願いすることにしました。間引くことで樹形の整えをしてもらうこともでき、自分の知識や経験ではできなかったことが可能となりました。風通しがよくなり、日照がまんべんなく当たるようになったので、自分の庭でバラが美しく咲き乱れる景色を想像し、今からとても楽しみです。ありがとうございました。
奈良県20代男性 6/16
新居を構えたときに、新築祝い、第一子の出産祝いとして記念樹をいただきました。数年間はほって置いていいというのでそのままにしていたのですが、大きくなった今、自分で剪定しようにも目指すべき形がわからないので困ってしまい、御社に剪定をお願いすることにしました。もみじは生長が早いので、剪定で失敗したり気に入らなくてもすぐに枝葉が回復するし、庭いじりが楽しめると言われていましたが、インターネットで最終的に目指す形を検索しているうちに、実はもみじは生長が早いので、剪定で失敗したり気に入らなくてもすぐに枝葉が回復するし、庭いじりが楽しめると言われていましたが、インターネットで最終的に目指す形を検索しているうちに、実はもみじは剪定が簡単だけど、不用意に枝を切ると枯れやすいとありました。必要な枝と不必要な枝の判断ができず、相談も含め専門の剪定業者さんにお願いしようと思い、剪定で検索してみると直ぐに御社を見つけました。問合せしてみると、大変親切に相談に応じていただけたので、剪定をお願いすることにしました。記念樹を枯らすことなく守るためにも、これからも定期的に剪定に来て頂こうと思っています。

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-170-307

よくあるご質問

剪定の目的はなんですか

よくあるご質問
木は剪定しなければどんどん大きくなっていきくなっていき、一般家庭や公共の場所においてはあらゆる弊害がでてきます。しろありは腐った木で生育することから、庭木を枯らさずに育てるか、必要であれば伐採しなくてはいけないので、大切な住宅を守るためにも剪定は必要不可欠となっております。また剪定を行わないことにより、伸びきった木がご近所に迷惑をかけてしまうと、トラブルにも発展しかねません。木や植物が伸びるに従い、目の高さには葉がなくなることから、家屋からのお庭鑑賞もできなくなってしまいます。剪定の目的は、人間と樹木の生活の共存であり、また自然な姿に近い状態を維持し、盆栽の世界観と同様に、剪定を行うことで、一般住宅の庭の中という限られた空間の中で上手に生かすことができます。

剪定をしなければどうなりますか

よくあるご質問
せっかく素敵な木や植物を植えても、お手入れをしなければあっという間にお庭はジャングル化してしまいます。風水や家相でも当然よくないといわれ、草木が伸び放題に生えていると日当たりも悪く、シロアリやムカデなどの害虫の巣やノラ猫などの害獣の住処にもなりやすいです。雑草が生い茂っていると美観も損なわれ、空き家やのイメージが印象付いてしまったり、場合によっては近隣との人間関係においてもマイナスのイメージを持たれたり、人間性を問われることもあります。剪定を施すことで、害虫や害獣の被害から家を守り、外観のイメージも損なう事が無くなるため、外観のせいで近隣の方に変なイメージをもたれる事も無くなります。特に隣の敷地に近い場所の木や、植物、通りに面した生垣の剪定やお手入れは、ご自身のためではなく、皆が気持ちよく生活するためにも重要な作業となります。

外壁のつたの処理もしてもらえますか

よくあるご質問
はい。少しでもお考えになったら、お気軽にご相談ください。外壁やベランダにつたや植物を這わせる緑化は、地球にとっても自分達にとっても十分なメリットがありますが、伸びすぎてしまうと個人では処理が難しくなってしまったり、場合によっては家屋や雨どい等を痛めてしまうため、定期的な剪定が必要となってきます。また、ご自身で剪定する時は風によって土や落ち葉や枯れ葉が周囲に飛び散ってしまい、近隣の方とのトラブルの原因になる事もあるため、専門の剪定業者に定期的に剪定をしてもうことをお勧め致します。

庭造りの手伝いをしてもらえますか

よくあるご質問
当社は伐採や剪定だけでなく、お庭造りのお手伝いもさせていただいております。ガーデニングを行う場合には、植物の特性を理解した上で、その植物の環境にあった場所に植えたり設置しなければいけません。植物といっても特性によって植える場所が異なりますので、適当に植えてしまうと、すぐに枯れたり、勢いよく成長することになってしまいます。植物の特徴や、開花時期を理解している専門スタッフがお手伝いすることにより、お庭はより素敵なお庭になると思います。剪定に併せてお庭造りに関しましても、お気軽にお問合せください。

果樹の剪定に適した時期はいつ頃ですか

よくあるご質問
冬季の剪定は果樹全般にとって重要な時期となっております。冬季は新梢の3分の1を剪定し、来年の夏に枝をたくさん出させるようにし、夏季は花芽がつく7月頃に、余分な枝を落とします。果樹は剪定の仕方によって実の付き方が大きく左右されますので、知識がない方が剪定することによって数年実がつかないといった失敗例も多く見られます。毎年実のつきをよくするためにも、果樹の剪定でお悩みのことがありましたら、当社までご相談ください。

バイクの鍵を紛失してしまいました。出張してもらい、合鍵を作ってもらうことはできますか?

よくあるご質問
はい、可能ですのでお気軽に鍵屋にお申し付け下さい。
バイクについている鍵穴自体が壊れていなければ問題なく対応できます。鍵屋の対応としては連絡をもらったらすぐに駆けつけ鍵の状態を確認いたします。そのあとすぐに合鍵の作製をしておよそ1時間いただければ合鍵は完成いたします。
出先でバイクの鍵を作成するのでお客様の身分証明などを鍵屋にお見せいただくケースがございます。このように車やバイクの鍵のトラブルは鍵屋にとって一番多いケースでございますので車をインロックしてしまったり鍵を紛失したときはあせらず鍵屋にすぐご相談くださいませ。
よくあるご質問について

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-170-307

会社情報ついて

無料相談・見積もり専用フリーダイヤルは24時間受付中フリーダイヤル0120-170-307